1. HOME
  2. 下着コンシェルジュに教わる【下着で温活】

下着コンシェルジュに教わる【下着で温活】

by 山田 奈央子2020.11.02

kokode Beauty(オリジナル)

みなさま、こんにちは! 下着コンシェルジュの山田奈央子です。前回は「女性の生き様を変えるランジェリー」のお話。今回は、少しずつ寒さが訪れてきているので「温活インナー&グッズ」についてです。みなさん、賢くちゃんと選べていますか?これから冬になるにつれ、女性の身体はますます冷えていきますが、それでも「私は冷え症ではない!」と思っている隠れ冷え性、案外多いのです。でも、キリン食生活文化研究所調べによると「女性の8割以上は冷えている」という結果が出ているそうですから、侮ってはいけません。

身体が冷えている時、温めるために冷たいと感じる箇所にホッカイロ等を貼ることってありますよね? ただ、熱を持っているものに温めてもらうことに頼りすぎてしまうと、身体は自分自身で温めようとすることをだんだんしなくなり、自分で温める機能自体がどんどん低下すると言われています。恐ろしいですよね……。女性にとって冷えは身体にも美容にも天敵ですから、毎日選ぶインナーやグッズでしっかり「温活」をして身体を芯から温めましょう!そこでオススメなのが、闇雲に厚着や熱を発するモノに頼ってしまうのではなく自分の体温をうまく使って身体を『じんわり』温めてくれるインナーやグッズです。

|recommend item1|

まず、最初にご紹介したいのが『セルスルーエステ ガードル』。伸ばしても潰れない特許取得のハニカム形状(六角形)が肌との間に空気層を作ってくれるので、体温で温まった空気をしっかり確保し、じんわりと身体を温めてくれます。この空気層がガードル全体に散りばめられているのですが、なんとその数は約1400個以上!

冷えがちな腰周りだけでなくお腹周り、そして身体の巡りに大切な部分である太もも周りもしっかり温めてくれるので嬉しいですね!!

実は、リンパが通っているそけい部や太もも周りもしっかり温めてあげるとより効果的なので、下半身全体が冷えがちな方にはガードルタイプがオススメです。こちらは銀座で有名なエステサロン『サロン・ド・エンジェル・エンジェル』から生まれたインナーですが、サロンでは、エステ 効果を最大限引き出すために、「血行を良くして温める!」という基本を施術の中で重視しています。ぜひお試しを!

セルスルーエステ トップス&ガードル 上下セット ¥5720(tax in)

温めることは身体にいいだけでなく、美容や体型を変えるためにも大事なポイントになる、ということがよく分かりますね。

 

|recommend item2|

次にご紹介するのが女性に多い末端冷え性の強い味方! 4層の靴下で冷え取りをしてくれる『くらしきぬ』の4枚重ね冷え取り靴下です。最近色々な4層の冷えとり靴下が人気ですが、よくある冷えとり靴下では絹(シルク)の靴下と天然繊維の靴下(綿)を交互に重ねて履くことを提案しています。ところが、このくらしきぬの靴下は絹→ウール(綿)→絹→ウール(綿)と重ねて履くのです!

最初私は衝撃を受けました・・・。「モコモコしていて、暑くないだろうか?足が蒸れないだろうか?」と単純に思ってしまいましたが、実はシルクで保湿して汗を吸湿した後に、さらにウールで吸放出をした上で温める構造だから、びっくりするくらい暖かいのです!いつも足先が冷えがちな私の足が冷えず、朝までぐっすり眠れたのには驚きでした。

靴下選びひとつ変えるだけで、びっくりするくらい身体が温かくなるので、靴下にもこだわらずにはいられないですね。


[くらしきぬ]冷えとり靴下 (基本の4足セット)/ライトグレー
¥5,027(tax in)

 

|recommend item3|

そして最後にご紹介する商品は、子宮周りからじんわりと温めてくれる『On de miu(オンドミュウ)温活ビューティーショーツ』です。ショーツのマチの部分に自分の体温で温まる蓄熱性の高い温め素材・オーラ綿を入れているので、子宮周りからじんわりお腹全体が暖かくなっていくのです。まさに、女性の「こんなの欲しかった!」を形にした商品です。

よもぎ蒸しを体験した方はイメージが持てるかもしれません。まさに、あの、よもぎ蒸しをしているかのような感覚をショーツをはきながら日常的に得られるのです。

 ビューティーショーツ ¥5,500(tax in)

今年の冬も寒くなりそうな予感! 色々な「温活グッズ」で自分の身体をしっかり労ってあげてくださいね。

 

山田 奈央子

盛岡生まれ、サウジアラビア育ち。
大の下着好きだったことから、国内最大手の下着メーカーに入社。その中でも、世界中の文化、芸術からインスパイアされた世界観を打ち出すラグジュアリーブランドを自ら志願し、商品企画・開発に携わる。勉強のため外資系下着メーカーの販売員としても修業を重ね、その後、"下着コンシェルジュ"として内面美の追求を行いながら、下着を中心とした女性向けプロダクツを企画・開発する「シルキースタイル」を2006年に設立。下着の専門家としてTVや女性誌などのメディアで執筆したり、メーカーごとに商品の特徴をわかりやすく解説したりして、体形別に体のラインが綺麗に見えるコーディネートやアドバイスをする事を得意とする。百貨店やセミナーなどでも女性向けの下着や身体のセミナーを行い、多くの女性たちに下着選びの楽しさを伝える傍ら、現在は、テレビや雑誌を通じて美容健康商品をヒットさせる女性マーケティングを会社の柱にし、化粧品、美顔器、インナーを作りたい会社の企画開発サポート事業も展開。
2020年秋には「女性の身体と心を解放させる」揺らぎ世代女性向けのD2Cランジェリーブランドをリリース。
著書に『下着の品格』(カナリア書房)、「とっておきの一着さえあればいい」(宝島社)。

ランキング

RANKING
OFFICIAL SITE

↑ Page Top