1. HOME
  2. 【成分図鑑】美肌の万能選手「ビタミンC」

【成分図鑑】美肌の万能選手「ビタミンC」

by 岡崎久美子2020.08.21

kokode Beauty(オリジナル)

名前をよく聞く有名な美容成分でも、実は何に効果があるかきちんと知らないことってありませんか?例えば「透き通る肌」と一言で言っても、トーンアップからシミケアまで期待する効果は多岐にわたって、何を使うのが良いの悩んでしまいます。そこで、美肌効果があると言われる美容成分を、何に一番効くのか、どんな成分と一緒に使うと効果的で、どんな注意事項があるのかなど、成分ごとに掘り下げて探っていきます。第一回目の今回は、誰もが知っている「ビタミンC」をピックアップ!


肌に浸透して効果を発揮する「ビタミンC誘導体」
ピュアなビタミンCは、実は角質層を通り抜けて肌に浸透することができません。肌に浸透して効果を発揮するのは、安定化させて吸収を助ける成分を一緒にした「ビタミンC誘導体」と呼ばれる成分です。ビタミンC誘導体は、肌に入ると酵素によって誘導体が外れ、ビタミンCと同じ効力を発揮します。なので、化粧品でビタミンCを選ぶ場合は「ビタミンC誘導体」を選びましょう。

 


水溶性・・・化粧水など
油溶性・・・オイル、クリームなど

 


ⅰ メラノサイトのブロック
良く知られる効果として、ビタミンCはメラニンを生成するメラノサイトに作用して、シミの原因を防ぎます。
ⅱ ハリ・弾力アップ
コラーゲンを生成を促進することで、肌のたるみを予防したりシワを内側から整えます。ニキビ跡や凹凸を目立たなくする効果も。
ⅲ 活性酸素を防ぐ
ビタミンCは活性酸素の生成も防いで老化全般の原因もブロック。経口摂取の場合も、1日2000mgまでであれば健康に良いとされています。
ⅳ 毛穴の引き締め
皮脂の分泌過剰を抑制して、毛穴を引き締めてくれます。

 


ビタミンCは「値段」も「濃度」も様々!自分にあったものを選んで
優秀なビタミンC誘導体のひとつに「VCエチル」があります。「VCエチル」はビタミンCの含有量が1番多く、酵素が外れなくても効果が出るので即効性もあります。ただし高価なものが多いのが難点。本来は朝晩使うのがベストですが、値段が気になる場合は夜のお手入れだけにするのも○。また濃度が高い場合、その分肌への刺激も強くなる場合もあるので、お肌が弱い方は、まず濃度のあまり高くないものから試してみるのが良いでしょう。

 


万能選手のビタミンCは使い方も簡単!

化粧水や美容液など、水溶性ならば朝晩両方使えます。ビタミンCのコスメを朝使うと日焼けしやすくなるというのは間違いで、逆に肌のバリア機能を改善して、日焼けによるダメージを抑えてくれる効果もあります。

 


保湿力を補ってくれる成分と一緒に使うと効果的!
ビタミンCには保湿力がありません。そのため保湿力を補い、相乗効果を発揮してくれるコラーゲンやプラセンタとの相性は抜群です。

 


ビタミンCで気をつけることは特にありません。ビタミンCは昼に使うと逆にシミになるなどよく耳にしますが、問題ありません。油溶性のものでなければ、朝晩いつでも使えます。油溶性のものは夜のみの使用が望ましいです。けれど油溶性は悪者ではありませんのでご安心を!

 


親水性(水に溶けやすい性質。化粧水など)
リン酸L-アスコルビン酸ナトリウム、リン酸L-アスコルビン酸マグネシウム、アスコルビン酸ー2-グルコシド、アスコルビン酸エチル(VCエチル)

親油性(油に溶けやすい性質。乳液、クリームなど)
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ステアリン酸アスコルビル
両親媒性(水と油両方に溶けやすい性質)
パルチミン酸アスコルビル酸3Na

教えてもらったのは…

株式会社 チェントトレンタ 代表取締役
大橋 功さん
オーガニックサイエンティスト
AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー
AEAJ認定アロマテラピーインンストラクター
JAMHA認定メディカルハーバルセラピスト

WHAT’S materia prima 
マテリアプリマ ってどんなブランド?
マテリアプリマは、高品質な化粧品有用成分をできるだけシンプルなカタチで提供することにこだわった、マテリアルファーストなブランド。有用成分を単一成分で、最高濃度で提供することを目指しています。マテリアプリマの製品は単品で使うだけでなく、愛用のコスメと簡単に組み合わせても使えるように、M(moisture)、W(bright&luminous)、A(aging-care)、R(return to beauty)の大きく4カテゴリーに分類。そして、すべての高品質な素材が防腐剤対策を行うことなく、フレッシュな状態で使いきれる容量、30mlにしてあります。マテリアプリマは余計なものを加えることなく、厳選された成分を最高の状態でお肌に届けることを追求。自分だけの美のレシピの完成させてくれる、まさに、こだわりブランドです。
美肌の万能選手であり、透き通る肌へと導く成分の代表格として知られるビタミンCの中でも、トリートメント効果の高い「VCエチル」を使用。VCエチルは優れたケア成分でありながら、他のビタミンCと比べ高価なため配合している化粧品はごく稀。くすみや色ムラをケアするだけでなく、毛穴やたるみ感など美肌全般に効果が期待できます。

マテリアプリマ W01 ビタミンC
30ml¥8,000
\kokode Beauty/
recommend

ビタミンCと2つのグリセリンが結合した「ビスグリセリルアスコルビン酸」を配合。ビスグリセリルアスコルビン酸は、安定性や保湿性に優れ、美白・コラーゲン産生促進作用が期待できる。こちらは、北海道産サラブレットのプラセンタを20%の高濃度配合し、エイジングケアに特化した美容液。
[Versailles Firm]ヴェルサイユ プレミアム エッセンス
¥19,800円(tax in)

油溶性ビタミンC誘導体の一種である「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル」を配合。テトラヘキシルデカン酸アスコルビルは、コラーゲン生成の促進効果・コラーゲン分解酵素の抑制効果と、皮脂の酸化抑制効果、メラニン生成抑制効果があると言われる成分。こっくりとしたテクスチャーで、驚くほどに高い保湿効果をもたらすクリーム。
[WATOSA]アズレニア プロテクト パーフェクションクリーム
¥13,200(tax in)

皮膚浸透性を向上させたビタミンC誘導体である「パルミチン酸アスコルビル」を配合。アルガンオイルを配合したラグジュアリーなフェイシャルオイルで、乾燥肌や赤みがかった肌を整える。
[Saloos]ビオ フェイシャルオイル <アルガンリバイタル>
¥3,960(tax in)

岡崎久美子

岡崎久美子

ライター歴20年。美容誌をはじめ、雑誌やWEBマガジンなどでジャンルを問わず執筆活動中。美容ライターの顔を持ちながら、年に1度のハワイ旅行(知人からは「合宿」と言われてしまうゴルフ三昧の旅)と、日々の愛犬との散歩で日焼けしてしまった、黒肌が目下最大の悩み。今年の目標は、年末までに白美肌になること。

ランキング

RANKING
OFFICIAL SITE

↑ Page Top