1. HOME
  2. 肩こり・首こりは「頭皮の筋膜リリース」で解消!

肩こり・首こりは「頭皮の筋膜リリース」で解消!

by kokode beauty 編集部2020.03.27

kokode Beauty(オリジナル)

コロナウイルスの影響でお出かけのみならず、ジム通いも制限。そのせいで、体がなまり、肩こりや首こり、なんだか不調を生じている人も多いのでは? 今回は、「筋膜リリース」について、池田 翔先生にコメントをいただきました。


池田 翔  先生
株式会社REMIUM代表取締役
栄養士/健康運動指導士/JATI認定トレーニング指導者
https://the-remium.com
https://www.facebook.com/theremium/

筋膜は柔らか〜い、みずみずしいのが本来の姿
最近、話題となっている「筋膜リリース」ですが、そもそも「筋膜」とは何かご存知ですか? 筋膜は体内の隅々に張り巡らされている蜘蛛巣状の組織で筋肉のみならず、骨、血管、内臓などを丸ごと包んで支えている膜のことです。筋膜はコラーゲン、水分85%の組織。本来は弾力があって、みずみずしい組織ですが、萎縮・癒着しやすい。つまりくっつきやすく、固まりやすいとも言われています。

筋膜の萎縮や癒着で生じる様々な不調
筋膜が硬くなり、筋肉に癒着すると、筋肉が押さえつけられて動きが制限され、力を発揮できなくなります。関節の動きも妨げられることから可動域も大幅ダウン。また、同時に血液やリンパの流れも悪くなり、代謝が低下。硬くなった筋膜は、筋肉のコンディションを悪くするだけでなく、体調不良の原因にも。

原因は、水分不足、ストレス、長時間の同じ姿勢、加齢・運動不足など。生活の改善で多少は好転していきますが、萎縮・癒着してしまった筋膜自体をほぐして元の状態に戻してあげることも大切です。

筋膜刺激で不調を改善する「筋膜リリース」


筋膜を刺激し、ほぐして本来の姿に戻してあげる。それが「筋膜リリース」。硬すぎず柔らかすぎないイボがたくさん付いているボールや振動するボール、フォームローラー(円柱型のストレッチ&トレーニンググッズ)、頭皮に行う場合は柔らかすぎず細すぎないブラシなどで行うのがおすすめです。

↓画像・商品名をクリックすることで、商品詳細・購入ページに移動します。


<左>ヒーターとパワフル振動で温めながらストレッチできる。[DOCTOR AIR]3Dコンディショニングボールスマート¥10,000+tax >>購入する <中>最大1万回の振動でマッサージ。[DOCTOR AIR]3Dマッサージロール(ピンク)¥9,074+tax >>購入する <右>洗髪前、洗髪中、スタイリング時のブラッシングに。[S.HEART.S ScalpBrush]ワールドプレミアム(PETケース)【ロング】¥6,800+tax >>購入する

動きは広く細かく圧をかけていくことがポイント。薄い膜を押し伸ばすようなイメージで、頭の先から下へ全身筋膜リリースを行います。すると、筋膜は柔軟性が良くなり、次第に動きが滑らかに。筋膜リリースにより関節もスムースに動くようになり、可動域もアップ。ケガの防止や元気な身体にも繋がります。

肩こりや背中、腰の張り・痛みは「頭皮」がキモ!
体の不調でよく挙げられる、肩こりや背中、腰の張り・痛みなどのお悩み。実は、離れた部位に原因があることが多く、痛みが再発を繰り返すような部位がある場合は、定期的に筋膜でつながった部位をリリースすることを心がけると、再発予防にもなります。
肩や肩甲骨まわりの筋肉は、後頭部と側頭部につながっているので、肩こりや背中のこりがつらいなら、頭皮もこっている可能性大。さらには、頭の筋肉はお顔の筋肉とも繋がっているので、頭皮がこっているとそれにつられてお顔がたるんでしまうこともあるので、日頃から頭皮から全身にかけて順に筋膜リリースをしてみてください。

<シャンプースカルプブラシの使い方>
|使用アイテム|

[S.HEART.S ScalpBrush]ワールドプレミアム(PETケース)【ロング】¥6,800+tax >>購入する
buyボタン2

|使い方|
①シャンプー時、ブラシを頭皮にぴったりと付け、前から後ろへといていきます。
②後頭部は下から上にゆっくりブラッシングすると効果的。
|Point|
・ゆっくり動かすことで、リラックス効果がUP
・ブラシのピンが頭皮に届きにくい場合は、ブラシを頭皮に当てながら前後に動かしてみて。頭皮に届きやすくなり、頭皮も動いてマッサージ効果もUP。

スカルプブラシの使い方動画は下記のQRから!

kokode beauty 編集部

光文社が展開する雑誌のビューティー記事を中心にここでしか見れないトレンドネタやワンポイントアドバイスを配信。

ランキング

RANKING
OFFICIAL SITE

↑ Page Top