1. HOME
  2. 【ウイルス対策】マスクよりスゴイ!? 充電式UV除菌器「PEDIC(ペディック)」

【ウイルス対策】マスクよりスゴイ!? 充電式UV除菌器「PEDIC(ペディック)」

by kokode beauty 編集部2020.02.06

kokode Beauty(オリジナル)

夏にいやーな臭いから解放してくれるアイテムとしてご紹介した充電式UV除菌器「PEDIC(ペディック)」が、なんと!! 今、世界中を脅かしている“中国発新型肺炎球菌(コロナウイルス)”の感染予防に有効であると販売元のコリアマーケティング株式会社が確認したのだとか!コートやスマホ、手袋、マスク、子ども&ベビー用品、介護用品などを除菌して、ウイルスの脅威から守りましょう。

充電式UV除菌器<PEDIC>は、インフルエンザや肺炎球菌などのウイルス感染予防、ニオイや水虫の原因菌を10分間の照射で99.99%除菌することで人気のデバイス。除菌スプレーよりも滅菌率が高いUVパワー。充電するだけでオールシーズン繰り返し使える光の除菌です。また光なので、洗えないものにも使えるのが特徴です。

紫外線殺菌照射とは?
医療機関や介護施設、理美容院などで導入されている除菌方法。有効性と安全性が認められており、米国疾病対策予防センター(CDC)や、世界保健機関(WHO)のガイドラインにも記載されています。紫外線による殺菌効果は250~260nm付近の波長が殺菌効果が強いと言われ、<PEDIC>はその中で最も効果の高い253.7nm波長のランプを搭載しています。

使い方は、とっても簡単な4STEP

UV光線なので、熱くならず、安全に除菌消臭。充電式でランプは約10,000時間とロング寿命だから、いつでも気になったら即除菌を!

HOW TO USE


USBで充電(2時間ほどのフル充電で約5回の照射が可能)


底面のボタンを押す(ONにするとBeep音とともに緑色のLEDランプが点滅します)


点滅中にスタンバイ(緑色点滅時のスタンバイモードは約10秒間。その間に除菌したいもの・場所にセット)


10分間放置で完了(除菌ランプが自動で点灯して10分間消毒・除菌します。除菌ランプの光が目や肌に直接当たらないようにご注意を!)

*小物(スマホ、タブレット、イヤホン、腕時計、ハンカチ、おもちゃなど)の場合
ダンボールやコンテナボックスなど蓋の閉まる箱に入れると、<PEDIC>で照射除菌しやすいです。

*****
参考文献
UR-UVGI の殺菌性能評価方法 – J-Stage 厚生労働省
https://www.jstage.jst.go.jp/article/aije/74/639/74_639_621/_pdf

紫外線殺菌灯 の食品衛生面への応用とその効果 厚生労働省
殺菌灯による紫外線殺菌には次のような特徴がある.
(1) あらゆる菌種に対して有効である.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/shokueishi1960/2/2/2_2_19/_pdf/-char/ja

コロナウイルスおよびパルボウイルスに対する物理・化学的処置の殺ウイルス効果の検討
Virucidal Efficacy of Physico-chemical Treatments Against Coronaviruses and Parvoviruses of Laboratory Animals
マウス肝炎ウイルス (MHV) , イヌコロナウイルス (CCV) , Kilhamラットウイルス (KRV) およびイヌパルボウイルス (CPV) に対する消毒薬,加熱, 紫外線の殺ウイルス効果を検討した。コロナウィルス (MHVおよびCCV) に対しては, ほとんどの消毒薬, 60℃, 15分の加熱で不活化ができた。紫外線は, いずれのウイルスに対しても, 15分の照射で不活化できた。また, 同一ウイルス群に属するウイルスは各処置に対して同程度の反応を示し, ウイルス種, 株による差は認められなかった。
https://ci.nii.ac.jp/naid/130006940633/

紫外線殺菌-岩崎電機株式会社
2.紫外線による殺菌・不活化
紫外線を細菌に照射すれば、細菌細胞内のDNAに作用して、ーーー、
その結果、菌類が死滅に至るものと考えられています。なかでもーーー、
図-3に示すように、260nm付近の波長をもつ紫外線の殺菌効果が最も高いとされています。
https://www.iwasaki.co.jp/optics/chishiki/uv/02.html

Guidelines for Preventing the Transmission of Mycobacterium tuberculosis in Health-Care Settings, 2005
Effective use of UVGI ensures that M. tuberculosis, as contained in an infectious droplet nucleus is exposed
to a sufficient dose of ultraviolet-C (UV-C) radiation at 253.7 nanometers (nm) to result in inactivation.
https://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/rr5417a1.htm

*****

【花粉症対策】もう薬に頼らない!”根本治癒”を目指して

kokode beauty 編集部

kokode beauty 編集部

光文社が展開する雑誌のビューティー記事を中心にここでしか見れないトレンドネタやワンポイントアドバイスを配信。

OFFICIAL SITE

↑ Page Top