1. HOME
  2. TRES MARIA×JJ読者対談! デリケートゾーンケアの大切さ

TRES MARIA×JJ読者対談! デリケートゾーンケアの大切さ

by kokode beauty 編集部2019.03.15

kokode Beauty(オリジナル)

スクリーンショット 2019-03-15 11.06.00

「デリケートゾーンケアの大切さを広げたい」。その想いから、家庭・学校・医療からデリケートゾーンのトピックを大切なことへ意識の底上げを推進しているTRES MARIA(トレスマリア)。代表バルドゥッチさんと、ビューティーアドバイザーの高田さんのおふたりとJJ読者の対談が実現しました。

 

対談に参加してくれたのは……
スクリーンショット 2019-03-15 5.43.29
◇TRES MARIA 代表 バルドゥッチ 淳子さん
スクリーンショット 2019-03-15 5.43.40
◇TRES MARIAビューティーアドバイザー 高田久美子さん

◇大野香織さん(仮名)
大手代理店勤務。デリケートゾーンというワードは耳にするけれど、まだデリケートゾーンケアについては全くの無知な26歳。彼あり。

◇赤坂美希さん(仮名)
メーカー勤務。外国人の彼と海外同居を控える23歳。デリケートゾーンケアの海外と日本の違いを目の当たりにし、悩み中。
_DSC5822のコピー

 

デリケートゾーンのケアに対する意識が低すぎる日

バルドゥッチさん:
JJ読者のお二人に、デリケートゾーンのお悩みや日常のケアについてお聞きしたいです。

高田さん:
海外ではデリケートゾーン専用のフェミニンソープも種類が豊富にあり、きちんとケアをするのが常識なのですが、お二人はご存知ですか?

大野さん:
よく知らないんです。だから知りたくて……。

赤坂さん:
彼が外国人なこともあって気になってはいるんです。けれど、ドラッグストアで見たことはあるものの、実際に使ったことはありません。

高田さん:
日本ではまだあまり浸透していないですよね。海外では生理用品の並びにデリケートゾーン専用のケア用品がズラリと並んでいるんですよ。

スクリーンショット 2019-03-15 5.57.41
欧米では当たり前のデリケートゾーンのお手入れ。初潮を迎えるころから、女性の健康と幸せにとって大切なこととして「家庭」「学校」「医療」の3方向での女性ホルモンやデリケートゾーンの教育がなされる。(左)イギリスのドラッグストアの写真。「フェミニンケア」のコーナーと「女性の健康」のコーナーにデリケートゾーンケアの製品が並ぶ。(右)イタリアではホテルのアメニティーとして、デリケートゾーン洗浄料もおかれている。

赤坂さん:
へえ〜、そうなんですね!

スクリーンショット 2019-03-15 6.59.27

バルドゥッチさん:
20代の女性が抱えやすいデリケートゾーンのお悩みを解消するためにも、専用のケア用品は必要なんです。アンケート結果では、第1に生理痛や生理不順、その次にニオイやムレ、そしてムダ毛の悩みがお悩みとして挙げられていますが、お二人はデリケートゾーンで何か気になっていることはありませんか?

スクリーンショット 2019-03-15 6.02.23
TRES MARIAが年代別に行ったアンケート調査による20代のデリケートゾーンに対するお悩みベスト3。20代は女性ホルモンのピークで、代謝が良いため、汗もかきやすいことからニオイやムレは起こりやすい。

スクリーンショット 2019-03-15 6.09.39

大野さん:
やっぱりムレですかね。

赤坂さん:
私もです。特に生理中は気になります。日本の生理用品は海外製品より質がいいという話は聞きますが、それでもムレは解消できなくて。

バルドゥッチさん:
なるほど。実はムレやニオイ、かゆみに悩んでいる人は、デリケートゾーンをきちんと洗えていないケースが多いんです。

大野さん:
えっ、そうなんですか!? でも確かに「正しい洗い方」は知らないかも……。

バルドゥッチさん:
お二人ともデリケートゾーンの構造は知っているかしら? 構造を知らないために洗えていない部分が残り、膣に垢が溜まってしまっている人も多いようだけど。

赤坂さん:
うわー、垢ですか…。

大野さん:
恥ずかしながら、私構造をよく知らないです。

スクリーンショット 2019-03-15 6.13.07

高田さん:
きちんと洗って、まずは清潔な状態を保つことが重要なのよ。デリケートゾーンが不衛生なままだと、細菌感染を引き起こし、様々な症状や病気の原因となるので、きちんとケアしましょう。日本人はニオイやムレ、かゆみなどの不快感を我慢する傾向にあるけど、放っておくと膣炎や膀胱炎、更年期障害、更には早産や不妊症にも繋がるケースもあるとか。赤い丸で囲ったところが恥垢や雑菌がたまりやすいところ。そこを指の腹でやさしく洗ってあげてください。そして、隅々まで洗うためには、やはり専用のソープが安心です。恥垢ってお湯だけでは取れないんです。だからソープが必要。でもデリケートゾーンは繊細なところだから、普通のボディソープではなく、デリケートゾーン専用がいいんです。

スクリーンショット 2019-03-15 7.07.31

バルドゥッチさん:
あとはデリケートゾーンも保湿が大事。乾燥すると、頻尿など様々な症状を引き起こしてしまいます。

赤坂さん:
デリケートゾーンも保湿が必要なんですか!?

バルドゥッチさん:
ムレていると保湿が必要ないように感じるでしょう? でも、ムレている時は水分が蒸発しているので、潤っているわけではなく、逆に乾燥状態なの。だから保湿は必要なんです。きちんと洗い、通気性の良い下着をつけてムレを解消させたら、その次に保湿です!

大野さん:
なるほど。デリケートゾーンもお顔と一緒で、「洗う・潤す」のケアが必要なんですね。

高田さん:
そう。そして、今の自分の状態を知るためにも、「見る」ということも大事です。

赤坂さん:
見るってあそこをですか?

バルドゥッチさん:
抵抗があるかもしれないけれど、デリケートゾーンを見たり、おりものを見たりすることは、自分の体の変化を知ることにもつながるんです。だからTRES MARIAでは「洗う→保湿→見る」の3ステップを推奨しています。

スクリーンショット 2019-03-15 6.34.13

 

VIOのムダ毛はデリケートゾーンの細菌を増やす原因
実はデリケートゾーンの大事なケアのひとつ

バルドゥッチさん:
デリケートゾーンのムダ毛についてはどう? お二人ともVIO脱毛はされていますか?

大野さん:
興味はありますが恥ずかしい気持ちもあり…始められずにいます。

赤坂さん:
私は高校時代に脇の脱毛から初めて、大学1年からデリケートゾーンの脱毛にも通うようになりました。

バルドゥッチさん:
IとOは、余分な毛があると経血が絡んだり、雑菌が溜まってニオイやムレ、かゆみの原因になるので、早いうちからのケアをオススメします。婦人科の医師もIとOの毛は不要と言っていました。

スクリーンショット 2019-03-15 6.21.29

高田さん:
医療脱毛・エステ脱毛と、それぞれメリットやデメリットがあると思うので、自分に合ったタイプを選んでみてくださいね。個人的にオススメなのはホームケア脱毛! エステや医療脱毛に比べるとパワーが弱いけど、その分痛みも弱く、好きな時間にケアできるので、多忙なJJ世代のコでも続けやすいかと思います。

大野さん:
ちゃんと始めよう(笑)。どの方法がライフスタイルに合っているか改めて検討してみます。

 

日常的なケアと専門医の受診を習慣づけて

バルドゥッチさん:
あと、お二人とも婦人科にきちんと通って定期的に検査をしましょうね。子宮頸がんという名前は聞いたことがありますか?

赤坂さん:
詳しい症状は分からないですが、病名は知っています。

バルドゥッチさん:
子宮頸がんは決して他人事ではなく、誰にでも起こりうる病気なんです。早期発見や危機意識を持つためにも、婦人科に通って自分の身体の状態を把握しておきましょうね。特に日本は婦人科系のがん検診受診率は他国と比べて最低なんです。20代女性の約半数は産婦人科で検診すら受けたことがないそうです。デリケートゾーンのお悩みって、恥ずかしくてなかなか相談できないという人も多いのですが、決して分からないままや我慢した状態のままにしないでね。

大野さん:
日常的なケアも、婦人科での定期検診も健康でいるためにきちんと始めないと…。

赤坂さん:
メークアップもいいけど、ベースである身体のケアがそれ以上に大切ですね。

高田さん:デリケートゾーンの新習慣で、より健康で幸せになっていきましょう!

_DSC5765のコピー

文/伊藤綾香

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
トレスマリア連載

■□■『TRES MARIA(トレスマリア)』とは? ■□
Point1: シンプルケア
自分の目で見て、「洗う→潤す」の簡単ステップ。

Point2:日本製
・高品質な日本製
日本人女性のアンダーヘアの状態やデリケートゾーンの肌状況を考慮して研究開発されたこだわりの日本製です。日本人を対象とした3つの試験を実施しパスしています。
・国産の芍薬の複合体
芍薬の抽出物、乳酸菌やセラミドなど厳選された7つの国産成分の化合物を配合し、健やかに保ちながら、栄養を与えます。
・10+有効成分* 2
ザクロ、ローズ、ビタミンEなどの慎重に選ばれた成分は、女性の浄化と状態に非常に優しい

Point3:安全性
・7つの無添加
人工着色料・紫外線吸収剤・パラベン・シリコン・鉱物油・石油系界面活性剤・エタノール無添加。吸収率の高いエリアですので、こだわった成分の製品が必要です。
・pHバランス
女性の繊細な膣領域はより強い酸性によって健康に保たれています。したがって、pHバランスの取れたスキンケア製品が必要です。
低刺激・弱酸性で乳幼児の赤ちゃんも使えるほどの優しさ

 

購入はこちらから!
スクリーンショット 2019-03-15 6.41.07
<左>[TRES MARIA]トレスマリア ソープ
buyボタン2

<中>[TRES MARIA]トレスマリア ミルク
buyボタン2

<右> [TRES MARIA]トレスマリア ミラー
buyボタン2

kokode beauty 編集部

kokode beauty 編集部

光文社が展開する雑誌のビューティー記事を中心にここでしか見れないトレンドネタやワンポイントアドバイスを配信。

ランキング

RANKING

まだデータがありません。

OFFICIAL SITE

↑ Page Top