1. HOME
  2. 連載 Vol.2 美の“安定感”は信頼度を上げる 石井流メーク術

lady_mind_vol2_thumbnail2

連載 Vol.2 美の“安定感”は信頼度を上げる 石井流メーク術

by kokode beauty 編集部2018.11.06

kokode Beauty(オリジナル)

Lady Mind 連載 Vol.2 - Make-up 美の“安定感”は信頼度を上げる石井流メーク術

美容家 石井美保さんがコミュニケーションをテーマにお話する「Lady Mind」。
第2回は、大人こそ必要な“信頼度を上げてくれるメーク”について教えてもらいました。
日々たくさんのコスメに触れている石井さんが愛用の
簡単にきちんと感が演出できる優秀アイテムも必見!

石井美保のLady Mind
石井美保のLady Mind

私の仕事はお客様あってのこと。仕事柄、きちんと見えることを意識しなくてはいけないと思っています。前回もお話ししましたが、お客様や仕事の相手に「寝ていないのかな?」「疲れているのかな?」と気を遣わせたくありません。わざわざ来ていただいているのに、「疲れていらっしゃるのにごめんなさいね」なんて言われると逆に申し訳ない気持ちに。だから、メークは健やかさ、明るさを意識。クマや吹き出物など、不摂生を象徴するトラブルはきちんと消して、生活が見えないようにするためにメークをするのはマナーと思っています。

そして、大人に遊び心やパンチのあるメークは不要。最近流行っている赤リップ。実は、私は反対派です。若い女のコが大人っぽく見せるために赤リップをつけるのは確かに可愛い。けれど流行っているとはいえ、40代の女性が赤リップでいきなり現れるとびっくりしますよね。いつもモードでクールなイメージの女性がつけているなら素敵ですが、流行りというだけで、仕事場にも赤リップで向かうのは私的にはNG。きちんと見せるには、“奇をてらわないこと”が大切です。相手に安心感を与える王道メークこそ、大人の顔にふさわしい信頼度も上げてくれるメークではないでしょうか。

きちんと見えするために、特に力を入れているのはベース。ここが整っていないと、生活すらルーズな人に見える気がします。だからムラなく塗れているか、クマが隠せているかがチェックポイント。
また眉尻、目尻の”尻”も重要。”尻”の決め方が適当だと手抜き感が出てしまいます。眉尻が消えかかっていないか、鏡を使ってきちんと横からもチェックをしてみてください。そして、忘れがちですが、目の充血は要注意! ベースがヨレヨレで充血していると寝坊でもしたかのような雰囲気に。前からも横からも全方位きちんと見せることが大人のマナーですね。

6つのポイント&アイテム
石井流 信頼メークを解説!

信頼アップに欠かせないポイントをイラストで図解!
使用アイテムと一緒に、使い方もレクチャーします。

石井流メーク

使用アイテム

使用アイテム
1.NARS ソフトマットコンプリートコンシーラー 1278 ¥3,400(NARS JAPAN) 2.シスレー インスタント イルミネーター ペン No.2¥6,200(シスレージャパン)3.コスメデコルテ コントゥアリング パウダーアイブロウ BR302¥4,500(コスメデコルテ)4.クレ・ド・ポー ボーテ オンブルクレームソロ 305¥3,800*編集部調べ(資生堂インターナショナル)5.フーミー マルチライナー oomphy ¥1,500(Clue)6.クレ・ド・ポー ボーテ ブラシュクレーム<左>4番、<右>2番各¥4,500*編集部調べ(資生堂インターナショナル)

HOW TO

をクリックするとポイントの詳しい内容が読めます。

ニキビやシミは、1を指にとって「ぽんっ」とスタンプするだけでしっかりカバー。誰でも簡単に仕上げられて、時間が経っても崩れません! カラーバリエが豊富なので、自分の肌にぴったりのカラーが見つかるのもオススメの理由。

シーンによってはパールなどのキラキラ感が不要なことも。アイテム2なら、きちんと感は損なわず顔に立体感が出せます。鼻先の少し手前まで鼻筋にスーッとのせて、ぽんぽん指で伸ばします。上唇の山にものせると◎。

まず、3の1番右の淡い色をノーズラインにのせて、次に濃淡をつけながら眉を描けば自然な眉毛に仕上がります。年を重ねれば、顔はたるんでくるもの。時には動画を撮りながら自分の顔を観察して、眉山が骨格にあっているかを確認。

4をアイホール全体に広げれば、くすみをカバーして彫りを仕込めるから、もう手放せないアイテム。急いでいる時はこれ一つでアイメークを完了しても◎。アイベースとして使えば、アイシャドウが二重幅にたまらず、発色や色持ちが良くなります。

若いときはあった、下まぶたの目尻の赤み。年を重ねるにつれ、徐々に白くなってきます。これが、小さい目の原因に。そこで、5を下まぶたの目尻の粘膜に繋げるようにピンクを重ねて、自然に目を拡張。目を囲うよりもナチュラルに目を大きく見せてくれます。

チークは笑ったときに頰が1番高くなる場所に、というのが定説。ですが、年を重ねたら、思い切ってもう少し上に入れてみて。6のチークで元気に見せたい日は2番のピンクを、ナチュラルに落ち着いたメークの日は4番のオレンジを選んでいます。

撮影/前田 晃(MAETTICO)<人物> 、清藤直樹<静物> ヘア/大野朋香(air) デザイン/瀬尾侑平 イラスト/miya

*記事内の商品金額はすべて税抜きです。
<商品のお問合わせ先> Clue☎︎03−5643−3551 コスメデコルテ 0120−763−325 
資生堂インターナショナル0120−81−4710 シスレージャパン☎︎03−5771−6217 NARS JAPAN0120−356−686

kokode beauty 編集部

kokode beauty 編集部

光文社が展開する雑誌のビューティー記事を中心にここでしか見れないトレンドネタやワンポイントアドバイスを配信。

OFFICIAL SITE

↑ Page Top