1. HOME
  2. 【成分図鑑「アミノ酸」】肌のうるおいに重要な高保湿成分

【成分図鑑「アミノ酸」】肌のうるおいに重要な高保湿成分

by 岡崎久美子2021.11.20

kokode Beauty(オリジナル)

名前をよく聞く有名な美容成分でも、実は何に効果があるかきちんと知らないことってありませんか?例えば「透き通る肌」と一言で言っても、トーンアップからシミケアまで期待する効果は多岐にわたって、何を使うのが良いのか悩んでしまいます。そこで、美肌効果があると言われる美容成分を、何に一番効くのか、どんな成分と一緒に使うと効果的で、どんな注意事項があるのかなど、成分ごとに掘り下げて探っていきます。
第25回目の今回は、肌の角層の水分保持に欠かせない「アミノ酸」を紹介します。


NMF(天然保湿因子)の主成分「アミノ酸」
肌の一番外側にある角層の天然保湿成分は、半分以上がアミノ酸でできています。アミノ酸は、角質層に存在する保湿因子のひとつNMF(Natural Moisturizing Factor)の40%を構成していて、NMFは吸湿性・保湿性があり、角質層の水分保持機能に重要な役割を担っています。

肌は、表皮より内側は生きた細胞ですが、表皮は約2週間で角質層になり、ターンオーバーが行われて剥がれ落ちます。このとき角層にどれくらい水分があるかが肌のうるおい感を大きく左右していて、その際に鍵となるのがアミノ酸を主成分とするNMFです。ターンオーバーが乱れると、必要なNMFが十分に作れなくなり肌が乾燥するため、アミノ酸で補うことで乾燥を予防することが大切です。

つまり、アミノ酸は肌のうるおいを保つために最も重要な保湿成分だと言えます。

 

水溶性、油溶性の両方とも相性が良いため、化粧水からクリームまで色々なアイテムに配合されています。

 

ゆらぎ肌や敏感肌、乾燥肌にうるおいを与えて健やかな肌に。寒暖差によるゆらぎ肌にも最適です。

 

複数のアミノ酸を配合した複合アミノ酸をセレクト
人の体は20種類のアミノ酸から構成されていて、体内で合成できない必須アミノ酸と体内で合成できる非必須アミノ酸に分類されていて、アミノ酸でもそれぞれ効果が少しずつ異なります。

例えば…
ロイシン、イソロイシンは、ターンオーバー促進、保湿、コラーゲン生成
ヒスチジンはターンオーバー促進、保湿、結構促進、エイジングケア
アルギニンは、ターンオーバー促進、保湿、コラーゲン生成、血行促進、エイジングケア
グルタミンは、ターンオーバー促進
グリシン、アラニン、プロリンは、保湿、コラーゲン生成
…etc.

なので、ひとつのアミノ酸が配合されたアイテムよりも、多種のアミノ酸がブレンドされた複合アミノ酸がおすすめです。
それぞれのアミノ酸の名前を事前に調べて、成分表示をチェックするのが◎。

 

油溶性のお手入れの前に!
お手持ちの化粧水に1~2プッシュ混ぜて使うか、化粧水の後に顔全体に1~2プッシュ塗布。その後に保湿ケアを。

 

潤いを与えてキープしてくれる成分と一緒に
セラミド、ヒアルロン酸、サクランとの相性は抜群です。
「セラミド」は、まずセラミドをブースターとして使ってそのお化粧水をつけ、アミノ酸をその上に。乾燥性敏感肌対策になります。
「ヒアルロン酸」「サクラン」は、アミノ酸を含む水溶性のお手入れの最後に取り入れて、水分が逃げていかないように膜を作るイメージで。

 

使用時の注意点は特にありません。

 

アミノ酸には、
9種の必須アミノ酸<イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、
フェニルアラニン、トレオニン(スレオニン)、トリプトファン、バリン、ヒスチジン>と
11種の非必須アミノ酸<セリン、グリシン、アラニン、チロシン、アルギニン、グルタミン、アスパラギン、システイン、プロリン、グルタミン酸、アスパラギン酸>
があります。

 

教えてもらったのは…

株式会社 チェントトレンタ 代表取締役
大橋 功さん
オーガニックサイエンティスト
AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー
AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
JAMHA認定メディカルハーバルセラピスト
大手下着メーカー、キャラクタービジネスなどを経て美容業界へ。美容に関わって31年。マテリアプリマはその知識を駆使し、必要な物を、必要な時に、必要な量と届けられるようにとの思いで作ったブランド。趣味はカーレースで、国内A級ライセンスを所持。

WHAT’S materia prima
マテリアプリマ ってどんなブランド?
マテリアプリマは、高品質な化粧品有用成分をできるだけシンプルなカタチで提供することにこだわった、マテリアルファーストなブランド。有用成分を単一成分で、最高濃度で提供することを目指しています。マテリアプリマの製品は単品で使うだけでなく、愛用のコスメと簡単に組み合わせても使えるように、M(moisture)、W(bright&luminous)、A(aging-care)、R(return to beauty)の大きく4カテゴリーに分類。そして、すべての高品質な素材が防腐剤対策を行うことなく、フレッシュな状態で使いきれる容量、30mlにしてあります。マテリアプリマは余計なものを加えることなく、厳選された成分を最高の状態でお肌に届けることを追求。自分だけの美のレシピの完成させてくれる、まさに、こだわりブランドです。
20種類あるアミノ酸から生体機能の組成を考慮して、肌本来のバランスに合わせ、トリートメント効果に適した配合で、15種類をブレンド。乾燥肌に傾いた肌の保湿力を、力強くサポートします。

マテリアプリマ M05 アミノ酸
30ml¥5,280

岡崎久美子

ライター歴20年。美容誌をはじめ、雑誌やWEBマガジンなどでジャンルを問わず執筆活動中。美容ライターの顔を持ちながら、年に1度のハワイ旅行(知人からは「合宿」と言われてしまうゴルフ三昧の旅)と、日々の愛犬との散歩で日焼けしてしまった、黒肌が目下最大の悩み。今年の目標は、年末までに白美肌になること。

ランキング

RANKING
OFFICIAL SITE

↑ Page Top