1. HOME
  2. 【成分図鑑】抗酸化成分の代表格「フラーレン」

【成分図鑑】抗酸化成分の代表格「フラーレン」

by 岡崎久美子2020.11.10

kokode Beauty(オリジナル)

名前をよく聞く有名な美容成分でも、実は何に効果があるかきちんと知らないことってありませんか?例えば「透き通る肌」と一言で言っても、トーンアップからシミケアまで期待する効果は多岐にわたって、何を使うのが良いのか悩んでしまいます。そこで、美肌効果があると言われる美容成分を、何に一番効くのか、どんな成分と一緒に使うと効果的で、どんな注意事項があるのかなど、成分ごとに掘り下げて探っていきます。第6回目の今回は、強い抗酸化力と活性酸素の除去力を持つ「フラーレン」についてご紹介します。


紫外線ダメージなどによる老化から肌を強力に守ってくれる救世主
フラーレンは、肌表面の活性酸素を除去する働きを持っています。活性炭のような吸着力があり、活性酸素など紫外線によって発生するダメージ物質を取り込んで消去! 効率よく無害化することで、肌の老化を防ぎます。また抗酸化作用も強く、その抗酸化力はビタミンCの100倍以上とも言われるほどです。

 


水溶性・・・美容液
油溶性・・・クリーム、UV

 


ⅰ 紫外線ダメージのブロック
フラーレンは、紫外線を浴びた瞬間からダメージをケアしてくれます。日焼け止めではカバーしきれない紫外線トラブルをブロックすることで、くすみ・乾燥・毛穴の開き・ハリ不足といったエイジングサインを防いで、老化防止に効果を発揮。凹凸のない陶器肌へと導きます。
ⅱ ホワイトニング
強い抗酸化力を持つフラーレンは、シミの根本的な原因である活性酸素を取り除いて、透き通る美しい肌に。

 


1%以上配合されていることを示すフラーレンマークをチェック!
効果を発揮するのは、1%以上の高濃度フラーレンを含むコスメ。有効濃度の1%かどうかは、サッカーボールのようなアイコンに、水溶性の美容液などには「R.S」油溶性のクリームには「L.F」というマークが付いています。選ぶときには、必ずこのマークが表示されているかをチェックしてください!

 


水溶性のお手入れの最後に取り入れて

化粧水など水溶性のスキンケアの最後にハンドプレスをして浸透させます。毎日使っても問題ないので、夏など紫外線を多く浴びる時には、市販のコインマスクなどにしみ込ませて、毎日ローションパックをすると効果的です。

 


ビタミンCとの相性抜群
ビタミンCと一緒に使うと、コラーゲンの産生が1.3倍になると言われています。またフラーレンとビタミンCを一緒に使うことで、シワ・シミ・くすみ・毛穴の黒ずみ・過剰な皮脂の分泌などにより一層効果を発揮します。

 


注意事項は特にありません。安心して毎日使える成分です。

 


フラーレン「R.S.」「L.F.」。これらは、日本で唯一のフラーレンメーカーの、高濃度フラーレンである証です。

教えてもらったのは…

株式会社 チェントトレンタ 代表取締役
大橋 功さん
オーガニックサイエンティスト
AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー
AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
JAMHA認定メディカルハーバルセラピスト
大手下着メーカー、キャラクタービジネスなどを経て美容業界へ。美容に関わって31年。マテリアプリマはその知識を駆使し、必要な物を、必要な時に、必要な量届けられるようにとの思いで作ったブランド。趣味はカーレースで、国内A級ライセンスを所持。

WHAT’S materia prima
マテリアプリマ ってどんなブランド?
マテリアプリマは、高品質な化粧品有用成分をできるだけシンプルなカタチで提供することにこだわった、マテリアルファーストなブランド。有用成分を単一成分で、最高濃度で提供することを目指しています。マテリアプリマの製品は単品で使うだけでなく、愛用のコスメと簡単に組み合わせても使えるように、M(moisture)、W(bright&luminous)、A(aging-care)、R(return to beauty)の大きく4カテゴリーに分類。そして、すべての高品質な素材が防腐剤対策を行うことなく、フレッシュな状態で使いきれる容量、30mlにしてあります。マテリアプリマは余計なものを加えることなく、厳選された成分を最高の状態でお肌に届けることを追求。自分だけの美のレシピの完成させてくれる、まさに、こだわりブランドです。
メラニンの過剰生成の大きな要因が、酸化であることに着目。先進の抗酸化成分の代表格フラーレンが、くすみや色ムラに先回りして、エイジングサインを防ぎます。フラーレン濃度1%以上である証、フラーレンR.S.のロゴマーク付き!
マテリアプリマ W03 フラーレン
30ml¥13,000

岡崎久美子

ライター歴20年。美容誌をはじめ、雑誌やWEBマガジンなどでジャンルを問わず執筆活動中。美容ライターの顔を持ちながら、年に1度のハワイ旅行(知人からは「合宿」と言われてしまうゴルフ三昧の旅)と、日々の愛犬との散歩で日焼けしてしまった、黒肌が目下最大の悩み。今年の目標は、年末までに白美肌になること。

ランキング

RANKING
OFFICIAL SITE

↑ Page Top