1. HOME
  2. 30代メーク、手間とお金のかけどころ!【チーク&眉編】

DMA-cut02_088 - コピー (601x800)

30代メーク、手間とお金のかけどころ!【チーク&眉編】

by kokode beauty 編集部2017.08.16

VERY

全部高いのは難しい、全部安いのも心配……。メークアイテムの適正価格の見極めは難しいところです。30代が手間とお金をかけるべきポイントを、VERYでおなじみのヘア・メーク福川雅顕さんに教えてもらいました。

30代メーク 手間とお金のかけどころ!

ヘア・メークアップ・アーティスト

福川雅顕さん

百貨店ブランドからコスパブランドまで値段にかかわらず良いものを選ぶ目線とHight&Lowアイテムを使ったメーク術がVERYスタッフに好評。雑誌にとどまらずテレビや広告など多方面で活躍中。

肌と色物の投資バランスを改めて!

「30代になってシミやシワが出てくるのは当然。でも隠そうと肌のアイテムを使いすぎている人、多い印象ですね。重ねるほど肌はくすみますし逆効果。少し引き算を覚えてもいいと思う箇所です。一方、血色に関わるチークやリップの色選びは重要。コスパ品は発色がいいと安心していたら、20代のころとは違い、くすんだ肌に悪目立ちしてしまうこともあります。ここはアイテムへの投資も工程の丁寧さも惜しむところではないところ。ドラッグストアで便利ないいものもたくさんある時代。うまく見極めて上品な大人の顔を目指してほしいですね。」

メークアイテムのお金のかけどころ、かけなくてもいいところを紹介します

30代のママたちにはツ感あるヘルシーな肌と、くすみを後押ししないカラーアイテム選びが重要!その中でのお金をかけるべきアイテム&かけくてもいいアイテムを福川さんのメーク論とともにご紹介します。

【肌編】はこちら≫≫

【チーク&眉篇】

DMA-cut02_088 - コピー (601x800)

HIGH チークはお金をかけるところ

ボンッとつかないことが重要。チークは投資を!

「30代にとって、チークはくすみカバーにも効果を発揮する重要なもの。ただし、馴染ませて使うことが絶対条件なので、ハイライトと合わせるひと手間や、色の上品さ、選びにも使い方にも丁寧さが必要です」

初心者でも簡単に陰影がつけられる!

エレガンス ブリス オーラ OR201[右]

アナ スイ フェイスカラー 600[左]

[右](ブラッシュ付き)¥7,000(エレガンス コスメティックス)[左]本体¥2,500 メイクアップパレット ミニ 1 ¥1,200 パウダー ブラッシュ ¥3,000(すべてアナ スイ コスメティックス)

頬の高い部分にチークを、ほうれい線までカバーできる三日月部分にハイライトをそれぞれ指でのせる。狙った場所に乗せるには指を使うのが得策です。最後に全色をブラシに取り、指でのせた部分の上からぼかすように馴染ませて

LOW 眉毛はお金をかけなくてもいいところ

眉毛はフサフサの方が立体的で大人向き。コスパのアイメークアイテムで作れる

「眉マスカラよりもまつ毛マスカラの方がマットに仕上がり毛もしっかり根元から立ち上げられるからフサフサ眉毛向きです。毛をラインで描くときもアイブロウより細く描けるアイラインの方が◎。まずはお金をかけず手持ちのもので試してみて」

眉マスカラじゃなくてもフサッと仕上がる

ダイソー まつげマスカラ

コームが硬めで繊維が入っていないタイプが理想的。昔、茶マスカラが流行ったときの残りなどでもOK。マスカラ(ヘア・メーク私物)

DMA-cut02_015

マスカラを使用するのは眉頭部分だけ。毛を立たせるイメージで下から上にマスカラを持ち上げる。

水・汗に強いのに通常の洗顔で簡単にとれる

ディー・アップ シルキーリキッド アイライナーWP ブラウンブラック

コシがある筆なので、筆圧がコントロールしやすく太いラインも細いラインも簡単に描けます。¥1,300(ディー・アップ)

DMA-cut02_027

眉毛の足りていない部分にラインを描き足していく。下から上に1本ずつ丁寧に描くのがポイント。

 

VERY7月号「30代メーク、手間とお金のかけどころ」

撮影/長谷川勝久〈Perle〉(モデル)、福本和洋〈MAETTICO〉(読者)、SHINTARO(静物)ヘア・メーク/福川雅顕 スタイリング/菊池ゆか モデル/牧野紗弥 取材・文/澁谷真紀子

VERY最新号はこちらからチェック!

kokode beauty 編集部

kokode beauty 編集部

光文社が展開する雑誌のビューティー記事を中心にここでしか見れないトレンドネタやワンポイントアドバイスを配信。

OFFICIAL SITE

↑ Page Top