1. HOME
  2. 早くて簡単、そのうえ美人になるメーク教えます♡

)

早くて簡単、そのうえ美人になるメーク教えます♡

by kokode beauty 編集部2017.07.07

VERY

女っぽくてどこか芯の強さを感じるー。思わずドキッとするメークを多く手がける河北裕介さん。そんな河北さんのメークはテクニックもアイテムも究極にシンプル。〝早くて簡単、そのうえ美人♡”な、大人のメーク術。伺いました。

簡単でも“疲れは飛ばせる”、早くても“品は出せる”

河北裕介さんが教えてくれた

「メーク上手な人より、肌がキレイな人」になれ!①

教えていただいたのは、

ヘア・メークアップ・アーティスト河北裕介さん

女性誌から広告まで幅広く活躍する、最も旬なヘア・メークアップ・アーテイスト。プライベートでは3人の男の子のパパ。最新著書『河北大人メイク論』(宝島刊)も大人気!

「塗れば塗るほど崩れるし、肌感はなくなる。

“カバーしても素肌みたい”、と思わせれたら最高」

)

「30代になると、滲みやクマなど肌の悩みも増えると思いますが、隠そうと塗れば塗るほど肌感はなくなってしまうし、崩れやすくもなります。そして、肌をしっかりしたぶん、負けないように〝チーク入れなきゃ〟〝ライン引かなきゃ〟という、負のスパイラルも起こる。「ファンデ、何使っているの?」と聞かれてしまったらアウト。目指すべきは〝カバーしても素肌みたい〟な肌です。クリアできれば手数を減らすことだって可能になる。重要なのは、やめるところ、やらないところの見極め。カバーは最低限、粉を打つのも崩れる場所だけ。元の肌感はツヤは残したほうがキレイです。範囲も、正面顔で見えるところより外側の側面は、顔ととらえず、〝究極やらない〟。これは肌だけではなく、チークや眉も同様。塗り広げることでどんどん顔が大きく見えてしまいますし、自分自身が「ここまでが顔」と、〝意識してメークする〟ことも大切なことです

VERY読者のママ達って、朝は子どもの身支度やごはんでバタバタですよね。男の子が3人いる我が家も同じです。でも、そういうときにササッとメークして、パッと出てきたら、〝うちの嫁、ちょっとカッコイイな〟って(笑)。早いけどイキイキ感のあるメーク、ぜひマスターしてほしいですね」

VERY6月号「河北裕介さんが教えてくれた「メーク上手な人より、肌がキレイな人」になれ!」

撮影/彦坂栄治〈まきうらオフィス〉(人物)、魚地武大(静物)ヘア・メーク/河北裕介 スタイリング/池田 敬 モデル/東原亜希 取材・文/石川  恵

VERY最新号はこちら!

kokode beauty 編集部

kokode beauty 編集部

光文社が展開する雑誌のビューティー記事を中心にここでしか見れないトレンドネタやワンポイントアドバイスを配信。

OFFICIAL SITE

↑ Page Top